平成28年度 公益財団法人星総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1292 320 186 334 493 868 1750 1804 1639 339
当院では、地域性から高齢者の患者さんが多い一方で、小児科の基幹病院になっているので、小児の入院も多くなっています。
30~50歳代では、乳癌の患者さんが多いです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 27.75 21.25 31.25 83.69
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROPスコア2 - 19.57 15.29 28.57 84.43
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - 10.29 9.33 14.29 76.00
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし - 5.00 6.09 0.00 77.00
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - 9.80 12.43 0.00 80.40
主に高齢の患者さんで肺炎、誤嚥性肺炎の方が入院されております。
そのため、平均在院日数も長めになる傾向があります。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx97x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 その他手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 94 23.71 17.45 3.19 71.90
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 74 21.91 11.06 1.35 73.80
06007xxx9907xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等27あり 44 3.75 6.34 0.00 64.02
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 40 16.58 7.89 0.00 55.85
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし 37 3.03 4.98 0.00 66.76
主に消化管と肝臓、胆管、膵臓等の疾患に対応しています。
年間1500人程度の入院があり、高齢者も多く、疾患では特に胆管(肝内外)結石、胆管炎、胆嚢炎が多くなっています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし 1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 221 3.59 4.71 0.90 69.78 ダウンロード
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし  198 3.04 3.06 0.51 66.06 ダウンロード
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし  108 15.23 17.95 1.85 84.78
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 90 6.98 5.51 0.00 66.14 ダウンロード
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし   64 10.30 11.38 3.13 80.84 ダウンロード
狭心症・急性冠症候群といった虚血性心疾患に対するカテーテル治療に最も重点を置いて診療しています。外来にて冠動脈CT検査を行い、狭窄が疑われる症例に対しては、通常2泊3日入院期間にて待機的な心臓カテーテル検査・治療を行っています。不安定狭心症・急性心筋梗塞といった急性冠症候群の患者さんについては、症状や血行動態が急激に変化する可能性があるため、ICUへ緊急入院とし、緊急に心臓カテーテル検査治療を行い、通常は約1週間の入院加療を行っています。
次に多い疾患としては、様々な基礎心疾患による心不全患者に対する入院加療を行っています。急性期は心不全治療薬投与と酸素投与・補助呼吸管理による急性期集中治療を行い、安定した段階で早期にリハビリを導入し、あわせて生活指導・服薬指導・栄養指導を行い、早期退院・社会復帰へと進めています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎など(マイコプラズマ肺炎を代表とする細菌性肺炎) 142 5.51 5.79 0.00 5.48
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎(RSウイルス、ヒトメタニューモウイルスなど)  127 5.17 6.09 0.00 2.04
040090xxxxxx0x 気管支炎など(肺炎には至らない下気道) 118 5.38 6.02 0.00 1.39
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎(ロタウイルス・ノロウイルス・アデノウイルスなどが代表) 108 4.36 5.50 0.00 4.24
040100xxxxx00x 気管支喘息、乳児喘息など 88 5.38 6.42 0.00 3.77
『感染症』が全体の3分の2を占め、感染対策「消毒・手洗い・マスク・トイレの区別など」を徹底しています。NICU(新生児室)も順調に入院数が増えており、周産期協力施設として力を伸ばしています。経口食物アレルギー負荷試験は月・金・土曜日に実施しており、土曜日は人気が高いです。乳児湿疹へのスキンケア指導、栄養指導など、小児アレルギーに精通したスタッフが多い病棟です。慢性疾患で長期入院になる場合も、多職種チームで患者と家族を見守っています。自慢のプレイルーム(わくわくルーム)利用者だけでなく、全員に遊びを提供しています。七夕・ハロウィン・クリスマスなど、イベントも盛りだくさんです。入院中であっても、『子供を育て、家族を支える』ために、スタッフ一同、元気に明るく働いております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 79 14.46 10.30 2.53 61.34 ダウンロード
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 65 8.43 6.59 0.00 54.09 ダウンロード
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む))等 手術・処置等2なし 61 15.66 11.57 0.00 54.79 ダウンロード
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 8.71 7.61 2.22 63.22
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 21.13 15.92 5.00 73.95
当院外科は、一般外科・消化器外科・乳腺外科が主体です。
手術数は乳癌が最も多くなっています。手術以外にも癌化学療法やがんの遺伝子外来も担当しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 136 25.62 27.63 45.59 83.49
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 99 22.85 26.26 15.15 76.58
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 84 23.52 24.42 9.52 66.86
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む)腱縫合術等 73 7.82 11.91 0.00 28.51
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 50 5.96 5.49 0.00 48.92
高齢者の骨折から変性疾患に対応するケースが多い現状です。
一方、スポーツ障害に対する手術やマイクロサージャリーも含めた手の外科の症例も多く行っております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)皮膚悪性腫瘍切除術 手術・処置等2なし 24 12.13 8.78 0.00 76.29
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く)四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 手術・処置等1なし 副傷病なし 23 7.17 5.94 0.00 57.39
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 18 9.56 7.91 0.00 51.33
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 15 5.27 6.76 6.67 43.67
080006xx97x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)その他の手術あり 手術・処置等2なし 14 12.64 10.60 0.00 81.86
形成外科診療は、形成外科専門医である2名の常勤医師と大学病院からの週2-3名の応援医師により行ってきました。診断別内訳で最も多かったのは扁平上皮癌 基底細胞癌 脂肪肉腫などの皮膚軟部悪性腫瘍でした。悪性腫瘍の患者さんは高齢の方が多かったので、全身状態に配慮した治療方法を選択し、できるだけ低侵襲に行っています。悪性腫瘍についで多かった疾患は、骨軟部良性腫瘍でした。15cm程度の筋間脂肪腫も3-4cmの切開から摘出するなど整容性を重視した手術術式を選択しました。乳房切除術後の乳房再建希望の患者さんの受診割合も増加しています。
脳外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 10.72 9.87 5.56 77.64
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 22.46 19.35 62.86 71.29
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 33 21.61 16.54 27.27 70.39
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 9.31 7.52 6.25 53.06
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 15 13.33 16.73 13.33 74.93
脳神経外科は、医師3名体制であり、主に急性期の脳血管疾患に対応しております。入院患者の多くは脳梗塞をはじめとし、脳内出血、くも膜下出血といった疾患が占めております。緊急手術にも対応しており、また、入院後、病棟内でも早期にリハビリテーションを開始しております。治療とリハビリテーション等を包括的に組み合わせていくことで、回復期リハビリテーション等、次のステップへと効率的に進めるよう心がけております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 17 13.35 12.74 5.88 74.88
050080xx0100xx 弁膜症(連合弁膜症を含む)ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 12 27.17 20.93 0.00 73.08
050161xx01x0xx 解離性大動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし - 20.56 16.53 0.00 64.11
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし - 25.38 28.23 12.50 72.13
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2なし - 4.25 15.58 0.00 78.50
当院では主に心臓大血管の手術治療を行っております。
手術後概ね10~14日前後で退院可能となります。
高齢者も多く3割は80歳を超える高齢者でありますが、早期にリハビリテーションを開始することにより、しっかりとした歩行での退院が可能となっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 40 7.98 9.77 0.00 32.93 ダウンロード
120140xxxxxxxx 流産 29 1.97 2.43 0.00 35.21
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む)開腹によるもの等 27 7.33 10.36 3.70 47.70 ダウンロード
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 25 7.80 10.05 0.00 45.20 ダウンロード
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物に異常 子宮全摘術等 21 9.24 9.88 0.00 30.57
全国的な分娩に占める帝王切開率の上昇に伴い、帝王切開数が増加しています。
妊娠34週以降の分娩に対応しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 23 2.04 3.44 0.00 70.30
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 23 2.09 3.46 0.00 56.57
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く)手術あり 15 2.67 3.36 0.00 24.13
140100xxxxxxxx 眼の先天異常 - 2.67 4.66 0.00 12.00
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 - 7.40 9.15 0.00 73.00
厚生労働省の「病院情報の公表の集計条件」では、白内障は除外されています。当院での入院を目的とした疾患は、白内障での入院が最多です。
涙道の手術や子供の斜視手術など全身麻酔を必要とする症例を扱っているのが当院の特徴です。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 44 8.20 8.12 0.00 11.55
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 33 8.03 7.47 0.00 56.12
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 24 5.17 9.36 0.00 40.00
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 21 4.14 5.50 0.00 38.24
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 16 1.06 3.32 0.00 4.50
耳鼻咽喉科は、耳、鼻・副鼻腔、のど(咽頭・喉頭)、くび(頸部)の疾患を診療する科です。平成28年度には手術目的で入院した慢性扁桃炎や扁桃肥大の患者さんが最も多く、次いで手術目的に入院した慢性副鼻腔炎(ちくのう症)や慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎の患者さんの順となっていました。
扁桃周囲膿瘍などの急性感染症や滲出性中耳炎に対する鼓膜換気チューブ留置術目的の患者さんも多くみられました。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 58 7.22 7.44 3.45 72.76
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 55 7.38 7.78 0.00 73.44
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 39 10.51 13.39 0.00 68.74
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 30 6.57 9.44 0.00 74.67
11012xxx021xxx 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1あり 20 8.65 15.42 0.00 60.85
膀胱悪性腫瘍、前立腺疾患、骨盤臓器脱(膀胱や子宮下垂)、尿路結石の患者さんが多いのが特徴です。病気の根治性、術後QOLに重点を置き、腹腔鏡手術やその他の内視鏡手技により、短期間での退院・外来通院となっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 60 16 16 38 3 11 1 7
大腸癌 53 29 36 160 7 37 1 7
乳癌 90 95 12 8 8 28 1 7
肺癌 3 0 0 1 1 3 1 7
肝癌 6 7 16 10 1 15 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院外科では、乳腺外科・消化器外科が主体なので、悪性腫瘍の中でも乳癌、胃癌、大腸癌が多くなっています。
特に乳癌と大腸癌の増加が著しいです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - 6.13 50.50
中等症 44 15.00 77.66
重症 15 24.47 83.13
超重症 10 31.90 85.70
不明 - 0.00 0.00
重症度が上がる程、平均年齢も高くなる傾向があります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - 5.83 76.17 14.29
その他 - 3.00 79.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - 0.00 0.00 0.00
その他 - 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 154 31.14 76.57 33.14
その他 21 18.76 70.10 1.71
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 0.00 0.00 0.00
その他 - 13.14 66.14 14.29
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 2.00 79.00 0.00
その他 - 4.50 64.00 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - 0.00 0.00 0.00
その他 - 3.00 62.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - 0.00 0.00 0.00
その他 - 0.00 0.00 0.00
当院の脳梗塞患者さんの90%は、発症3日以内に治療が開始されています。早期診断、早期治療開始、早期リハビリテーション介入を速やかに行っております。
特に、早期のリハビリテーションの介入により、離床を進めていくよう努めております。これにより多くの患者さんが1ヵ月以内での自宅への退院や次のステップとしての回復期リハビリテーション病院への転院などと繋がっていきます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 295 1.42 2.22 0.00 65.81
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ(ENBD) 111 3.63 32.27 2.70 75.95
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 58 4.84 18.47 1.72 68.74
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 52 2.71 16.56 1.92 73.06
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 33 4.67 25.03 3.03 71.00
内視鏡による大腸ポリープ切除術の他、胆道・膵管に係る治療(内視鏡的胆道ステント留置術をはじめ内視鏡的砕石術等)や内視鏡的早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術を実施しています。患者の平均年齢は70歳代と高い傾向にあります。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 193 1.48 2.87 0.52 70.79 ダウンロード
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 73 2.44 4.00 0.00 68.18 ダウンロード
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 60 0.00 12.57 5.00 69.90 ダウンロード
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 57 2.72 7.65 3.51 79.35 ダウンロード
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 51 1.55 5.92 7.84 72.71
狭心症・急性冠症候群といった虚血性心疾患に対するカテーテル治療に最も重点を置いて診療しており、現在、年間350~400件の経皮的冠動脈インターベンション(PCI)治療を行っています。安定した狭心症患者に対しては外来にて冠動脈CTを行った後、待機的にPCIを行っています。不安定狭心症・急性心筋梗塞といった急性冠症候群の患者さんは、通常、救急車にて緊急入院となり、当院では24時間体制で心臓カテーテル治療を行っており、現在、年間約80例の急性心筋梗塞患者の急性期治療を行っています。
次に多い手術としては徐脈性不整脈に対するペースメーカー植え込み術です。意識消失を来たすような徐脈性不整脈の症例は、突然死や血行動態破綻を来たす危険が高いため、当院では、紹介された後に、速やかに一時的ペースメーカー挿入や電気生理学検査・冠動脈造影等の初期検査治療を行い、早期に永久ペースメーカー植え込み術へと進めております。
さらに難治性心不全に対する両心室ペーシング植え込み術、頻脈性不整脈や心房細動に対するカテーテルアブレーション治療、末梢動脈疾患・重症下肢虚血に対する経皮的カテーテル血管内治療など、多岐にわたる循環器疾患に対する手術を広く行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 105 1.27 1.50 0.95 67.50
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 92 2.63 5.74 3.26 59.82
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 75 1.51 12.52 2.67 62.51 ダウンロード
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 65 1.23 6.20 0.00 54.09 ダウンロード
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 52 1.27 15.88 1.92 57.62 ダウンロード
当院外科は、腫瘍外科を中心に一般外科も行っております。上記手術件数は、厚生労働省の「病院情報の公表の集計条件」に基づいたもので、実件数とは若干の開きがありますが、2016年の手術件数は787件です。甲状腺・肺・乳腺・食道・胃・小腸・大腸・胆肝膵の悪性疾患を扱っております。
昨年の乳腺悪性腫瘍手術総数は265例でしたが、内訳は乳房切除術または乳房温存手術、腋窩についても腋窩部郭清伴うもの、またはセンチネルリンパ節生検までで腋窩部郭清伴わないものにそれぞれ分類されます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 195 1.73 20.97 11.28 72.04
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 134 1.79 20.10 38.81 78.01
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 62 1.66 9.52 4.84 56.02
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 48 0.35 8.54 0.00 25.88
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿) 32 0.59 2.22 0.00 48.06
膝や股関節の人工関節置換術を多く行っております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 25 1.52 9.12 0.00 67.16
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹) 23 1.43 4.61 0.00 57.83
K016 動脈(皮)弁術、筋(皮)弁術 17 2.82 16.53 0.00 67.06
K0072 皮膚悪性腫瘍手術(単純切除) 15 1.20 9.53 0.00 75.40
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 10 1.10 6.80 0.00 48.80
2016年は577件(うち全麻261件 レーザー含まず)の手術を行いました。
皮膚軟部の良性腫瘍・悪性腫瘍については、手術による過不足ない切除が治療の第一選択ですので、手術件数の多くを占めています。これに伴って、皮膚悪性腫瘍切除後の欠損に対する皮膚移植手術も多く、各種皮弁や植皮を機能・整容両面のバランスを考慮して選択しています。下肢静脈瘤は、瘤が著明でレーザーや硬化療法が奏功しない重症例が多く、形成外科的手技を駆使して傷跡が目立たない手術を行ってきました。乳房再建手術は自家組織による再建と人工物による再建に分けられ、患者さんの希望に応じた術式を選択した結果、後者の比率が高くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 45 0.42 11.36 11.11 78.02
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 18 0.44 55.89 38.89 69.94
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 10 0.10 48.60 80.00 74.70
K1742 水頭症手術(シャント手術) - 4.00 27.00 62.50 75.25
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - 5.25 16.25 12.50 72.25
高齢化社会の進行に伴い、軽微な頭部打撲後数週間を経て生じる慢性硬膜下血腫に対する手術が一番多くなっております。次いでくも膜下出血の原因である脳動脈瘤に対する手術、高血圧等が原因による脳内出血に対する頭蓋内血腫除去術といわゆる脳卒中(脳血管障害)対する手術が占めております。このことは、当院脳神経外科が、救急における脳卒中への対応が手術も含め速やかにできていることの証左と思われます。慢性硬膜下血腫や脳動脈瘤手術の患者さんは、リハビリテーションを行い、自宅へ帰られる場合も多く、脳内出血の患者さんは、残存した麻痺等に対してのリハビリテーション目的の転院が多いことを示しております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5603イ 大動脈瘤切除術(上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術)(大動脈弁置換術又は形成術を伴うもの) 17 1.00 20.18 11.76 70.41
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 14 4.86 17.43 7.14 70.79
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 14 3.00 6.79 0.00 75.57
K522-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 10 5.80 15.40 10.00 70.30
K5541 弁形成術(1弁) - 8.00 20.57 14.29 73.71
患者さんの高齢化に伴う治療が多く、狭心症に対する手術、弁膜症手術及び大動脈瘤手術が中心となっています。
小切開手術やステントグラフト内挿術などの低侵襲手術と弁の修復手術(弁形成)が主となっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 46 3.98 5.98 2.17 31.11 ダウンロード
K877 子宮全摘術 30 1.10 6.17 0.00 47.40 ダウンロード
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 27 1.00 5.37 3.70 48.81 ダウンロード
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 27 4.33 6.04 0.00 31.63 ダウンロード
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 21 0.81 0.14 0.00 35.29
全国的な分娩に占める帝王切開率の上昇に伴い、帝王切開数が増加しています。
婦人科疾患については、良性疾患を中心に診療しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 194 0.03 1.38 0.52 75.93
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 20 0.20 1.00 0.00 58.75
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 16 0.25 1.00 0.00 40.56
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 15 0.00 1.07 0.00 72.87
K2422 斜視手術(後転法) - 0.43 1.29 0.00 21.00
眼科での手術は日帰りで行うことも多く、それを全て含めると、昨年度の白内障手術は351件、眼瞼下垂症手術は61件、眼瞼内反症手術は22件でした。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 47 0.91 6.60 0.00 15.70
K319 鼓室形成手術 27 1.19 2.93 0.00 36.93
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 22 0.05 0.36 0.00 7.68
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 19 1.32 6.21 0.00 58.42
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 18 1.67 5.89 0.00 63.83
平成28年度は慢性扁桃炎や扁桃肥大に対する口蓋扁桃摘出術が最も多く施行されていました。慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術が2番目に多く、以下滲出性中耳炎に対する鼓膜換気チューブ留置術、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型、3型となっていました。当科では慢性涙嚢炎や鼻涙管閉塞症に対する涙嚢鼻腔吻合術(10件)や重症顔面神経麻痺に対する顔面神経減圧手術(8件)にも力を入れています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 61 2.18 6.10 3.28 73.28
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 55 1.44 4.95 0.00 73.44
K865-2 腹腔鏡下仙骨腟固定術 39 1.59 4.49 0.00 66.08
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 38 1.03 8.61 0.00 68.76
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 30 8.70 11.60 3.33 72.13
膀胱悪性腫瘍手術、経尿道的レーザー前立腺切除術、腹腔鏡下仙骨腟固定術が多く施行されています。QOLの維持、低侵襲性を考慮し、腹腔鏡や経尿道的内視鏡手術が行われています。平均で1週間程度の入院となっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 5 0.06
異なる 14 0.16
180010 敗血症 同一 13 0.14
異なる 30 0.33
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.02
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 102 1.13
異なる 12 0.13
播種性血管内凝固症候群(DIC)は、感染症、悪性腫瘍等に合併することが多い疾患です。当院では、DICそのもので入院された患者さんはほとんどなく、何らかの原疾患にその経過中にDICを合併された患者さんが大多数です。敗血症、真菌感染症も、悪性腫瘍などの治療経過中に免疫不全状態から合併することが多い状態です。当院では、悪性腫瘍や高齢者の入院経過中の合併症が多くなっています。
手術・処置等の合併症については、できるだけその発生がないように努めていますが、「0」にはなりません。おこった場合、最善の処置をとるようにマニュアルも作られています。また、手術前の説明でも、合併症の説明はきちんとすることにしています。
更新履歴

2017/9/28 平成28年度のDPCデータによる病院情報を公開しました。

平成27年度病院指標