認知症初期集中支援チーム

当院では、平成26年10月から郡山市からの委託を受け、郡山市の北西部エリア(湖南地区、熱海、片平・喜久田、富田、富久山、日和田・西田の地域包括支援センターの地域を担当しています。

<認知症初期集中支援チームって?>

ご本人やご家族、民生委員、ケアマネージャーなどからの相談を受け、家庭訪問を行い、その結果を踏まえ、支援の方向性を検討し、ご本人やご家族の自立した生活のサポートを行います。
チームは、医療・保健福祉に関する国家資格と認知症ケアの実務経験等を有したチーム員で構成されています。

<対象となる方>

自宅で生活をしている認知症の方や認知症が疑われる方

例えば...
*認知症の診断を受けていない、または治療を中断している方
*生活に支障が出ているが、必要な医療サービスや介護サービス等を利用していない方
*何らかのサービスを利用しているが、認知症による症状が強く、対応の仕方に困っている方 など

<早期の発見、受診・診断、治療が大切です>

病気が理解できる時点で受診すれば、少しずつ理解を深めていくことで生活上の障がいを軽減でき、その後住み慣れた地域で自分らしい生活を送ることにつながります。
また早い時期に受診することで、症状の軽いうちに後見人を決めておく(任意後見制度)等の準備をすることもできます。

<認知症気づきのチェックリスト>

下記のシートで日頃の生活をチェックしてみましょう!
当てはまる方は、早めに認知症初期集中支援チームやかかりつけ医等にご相談ください。

<相談から支援までの流れ>

<ご相談・問い合わせ>

委託医療機関

郡山地域包括支援センター一覧

その他、認知症に関する情報が郡山市のホームページでも確認できます。 >>詳しくはこちら

引用元:郡山市地域包括ケア推進課