施設基準等

施設基準とは、医療法で定める医療機関及び医師等の基準の他に、健康保険法等の規程に基づき厚生労働大臣が定めた、保険診療の一部について、医療機関の機能や設備、 診療体制、安全面やサービス面等を評価するための基準になります。当院では、以下の施設基準に適合しています。

(平成28年12月1日現在)

<基本診療料に関する事項>

精神病棟入院基本料15対1、看護補助加算2、看護配置加算

精神科急性期治療病棟入院料1(A-2病棟)

臨床研修病院入院診療加算

診療録管理体制加算2

精神科応急入院施設管理加算

精神科身体合併症管理加算

医療安全対策加算1

感染防止対策加算2

精神科地域移行実施加算

精神科救急搬送患者地域連携受入加算

<特掲診療料に関する事項>

がん性疼痛緩和指導管理料

ニコチン依存症管理料

薬剤管理指導料

検体検査管理加算(T)

遠隔画像診断

コンピュータ断層撮影(CT撮影)

運動器リハビリテーション料(T)

脳血管疾患等リハビリテーション料(U)

呼吸器リハビリテーション料(U)

精神科作業療法

精神科ショート・ケア「大規模なもの」

精神科デイ・ケア「大規模なもの」

医療保護入院等診療料

輸血管理料U・輸血適正使用加算

クラウン・ブリッジ維持管理料

<入院時食事療養・保険外併用療養費・その他>

・入院時食事療養について

当病院は、入院時食事療養費(T)の届出を行っており、管理栄養士によって管理された食事を適時(朝食:午前8時、昼食:午後0時、夕食:午後6時)、適温で提供しています。

・入院時食事療養の標準負担額について(1食につき)

  
70歳未満の方
区分 標準負担額
一般(住民税課税世帯) 1食360円
住民税非課税世帯 過去12ヶ月の入院日数 90日以下 1食210円
91日以上 1食160円
  
70歳以上の方
区分 標準負担額
一般(住民税課税世帯) 1食360円
住民税非課税世帯 過去12ヶ月の入院日数 90日以下 1食210円
91日以上 1食160円
住民税非課税世帯(低所得者T) 1食100円

※平成28年3月31日において1年以上継続して入院していた方の負担額は、平成28年4月以降も変更ありません。

・診療明細書について

当病院では、医療の透明化や患者への情報提供を積極的に推進していく観点から、領収証の発行の際に個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書を無料で発行しています。 明細書には使用した薬剤の名称や行われた検査の名称が記載されるものですので、その点、御理解いただき明細書の発行を希望されない方は、会計窓口にてその旨をお申し出下さい。

・室料差額

2人室以上の部屋については、室料差額の徴収を一切行っておりません。

・患者さん負担による付き添いは認められておりません